整体院えん

011-300-1955

腫れ・炎症を伴う運動時の傷害時に

ぎっくり腰に限らずスポーツでの故障(捻挫や打ち身)、寝違えなど腫れ・炎症を伴う場合の受傷直後の対処として「RICE」処置を行なうと治りが早いといわれています。

RICEとは・・・以下の処置の頭文字をとった言葉です。

Rest(安静)
損傷箇所の修復は直ぐに始まります。ですが損傷部位を動かしているとその修復作業を妨げることになります。できるだけ動かすことなく安静にすることで短期間での完治をさせるようにします。
Ice(アイシング)
上でも言っているように冷やすことで痛みを軽減させ、炎症の拡大を抑えます。
Compression(圧迫)
伸縮性のある包帯、サポータ等で適度な圧迫を加え、内出血や損傷した細胞の組織液が他の箇所に流れて腫れが拡がるのをくいとめるようにします。損傷部分の上下に幅広く巻いて、血液の流れが止まれない程度の強さで圧迫を加えます。
Elevation(挙上)
損傷箇所には組織液や血液が溢れて溜まりやすくなるので患部を心臓よりも上に置くことで出血を抑えるようにします。また上に持ってくることで体内の圧力が他より低くなり、溜まった組織液や血液を早く流せます。

まず、「やっちゃた〜」という時には上の応急処置をして、それから本格的な対処(整形外科等の受診)をするのがいいですね。

整体院では腫れがある場合、患部を触ったりすることはしませんし、できません。基本的には腫れが引いてからの機能回復のお手伝いや痛みをかばっていたために起こるカラダの違和感の解消をさせていただくことになります。

お電話はこちらから011-300-1955へ
整体院えん
札幌市中央区南10条西6丁目6-6
ノーサ音楽堂101

営業時間 10:00〜20:00 (不定休)
「整体院えん」は完全予約制です
ご予約は011-300-1955 まで
Copyright © 2010-2016
All rights reserved.